雇用率

JSN事業内容

2007年6月に門真、2008年4月より茨木において、精神障害者の一般就労のための相談・教育・訓練支援を提供する事業所を開設しました。行政、ハローワーク、職業センター、医療機関、障害者就業・生活支援センターなどの皆様のご協力を得ながら、少しずつ、しかし着実に前進してまいります。とりわけ、企業の皆様にはNPO法人大阪精神障害者就労支援ネットワークへのご理解とご支援を心よりお願い申し上げます。

精神障害者を取り巻く現状

言うまでもなく、この数字は社会連帯の理念に基づき、すべての事業主が雇用すべき障害者の雇用率です。しかしながら、実雇用率は1.55%と、目標を満たしておりません。そうした状況下で、平成18年4月1日には身体・知的障害に加えて、精神障害も算定対象となりました。

※平成19年6月1日現在

「どちらとも言えない」は条件さえ合えば働く気持ちを持っている方。つまり82%の精神障害者が依然として、働きたいと思いながら、悔しい思いをしています。

※社団法人大阪精神科診療所協会アンケート2004年より

ページの先頭へ戻る