NPO法人 大阪精神障害者就労支援ネットワーク

設立趣旨

設立の思い

「働きたい気持ちを持つ精神障害者が、働き続けられる様にしたい」という思いを持って、10年前に大阪でJSNを立ち上げました。まだまだ熟成したとは言えないJSNの支援ですが、これまで300名ものメンバーがその夢を叶え就職していきました。

障害者自立支援法の施行以来、行政の施策、企業側の理解、医療側のサポートなどさまざまな支援が目に見える形で進み、精神障害者の就職件数は三障害で最も多くなりました。2018年の精神障害者法定雇用率算入も大きな追い風になっています。しかし、一方で、「職業生活の継続」という問題はますます顕在化しています。「障害者就労移行支援事業所は6ヶ月までではなく3年間を意識し、働き続けられる様に支援しなさい」と国も舵を切ったにもかかわらず、就労支援の現状は大きく変わっていません。職業生活の継続を考えない就労支援は、働きたい気持ちを持つ精神障害者への裏切りであり、精神障害者を雇用し何とか働き続けて欲しいと願う企業の意欲をそぎ、結果として精神障害者の就労に対する社会の信頼を損なうことになりかねません。
JSNは、「精神障害者の就労の最も大きな課題は職業生活の継続である」と主張してきました。私たちがなすべきことは、「こんな支援をすれば精神障害者が働き続けられる」ということを具体的な形として社会に示していくことだと考えています。

JSNは、働き続けたいと思っている人を、いつまでも支援します。