NPO法人 大阪精神障害者就労支援ネットワーク

学生支援

大学の相談室と連携

学生支援事業は発達障害のある大学生・専門学校生を対象としたプログラムです。近年、大学や専門学校において発達障害のある学生の支援は徐々に広がりを見せています。しかし、卒業後を見据えた就労支援についてはまだまだ課題が山積しています。本事業では、今までのJSNの支援実績を生かして、大学や専門学校の支援窓口と連携しながら、在学中から就職に向けたプログラムを提供します。

具体的なプログラム内容は、(1)インターンシップと(2)就労準備講座です。(1)インターンシップは、希望職種に応じた企業で実習を行います。学生の状態に応じて、企業から配慮を受けることができます。インターンシップ前の見学から、巡回による支援、そしてインターンシップの時間や作業環境などの後には企業担当者と一緒に振り返りを行い、今後の課題について整理していきます。(2)就労準備講座は、就労に向けて必要なビジネスマナーや面接の受け方、履歴書の書き方、自分の得意・不得意の整理、会社見学、ハローワークの使い方を学ぶなどを行います。様々なニーズに合わせるため(1)インターンシップと(2)就労準備講座を組み合わせた年間のプログラムとして受講することも可能です。

2018年度から、新たにインターンシップ対象者には職業適性検査を無料で実施し、作業体験を行うことで、職員と対象学生との間で働くうえで得意・不得意な部分を事前に把握し、共有することを行っています。それによりインターンシップをより効果的に行えるようにしています。また講座では認知行動療法に基づくプログラムも提供しており、働く場面を想定した実践的なプログラムを提供するようにしています。

学生が本プログラムを受講することで、在学中から一歩踏み出して、将来の“働く”を具体的に考えるきっかけになればと考えています。その結果、学生自身の可能性を広げていけるようサポートしていきます。

大学生・専門学校生を対象とした学生支援プログラム キャリアスタート

大学生・専門学校生を対象とした学生支援プログラム キャリアスタート キャリアスタート お申し込みフォーム