NPO法人 大阪精神障害者就労支援ネットワーク

就労までの流れ

TOP利用について就労までの流れ
ステップ1
利用開始面接
施設見学や、体験入所を通じて、利用する上での疑問や不安について、じっくり話し合います。
利用が決まったら、一人ひとりに合わせて、個別支援計画を作成し、トレーニングを開始します。
ステップ2
所内訓練
下記プログラムを通して仕事をしていく上で必要なことを学びます。

就労準備基礎コース

  • 自己理解向上

    働くことについて 生活リズム形成 ストレスマネジメント 自己PR練習

  • ビジネスマナー
  • 新聞予約
  • ペン字・漢字練習
  • 履歴書の書き方
  • 面接の練習

事務コース

Word, Excelを用いたデータ入力、電話対応、備品発注業務など

運動プログラム

外出プログラム

基礎体力向上を目指します

パソコン講座

Word, Excel, PowerPointの使い方

グループワーク

ストレス・セルフ・チェック

個別カウンセリング

所内軽作業

ステップ3
企業体験実習
サービス業・製造業・介護、福祉事業・加工業・清掃業・事務・事務補助・校閲・野菜栽培・クリーニング・接客・販売 等々
さまざまな職種にて実習を体験していただきます。
ステップ4
求職活動
トレーニングを通して、就労への自信が出来てくれば、求職活動を開始します。
履歴書の作成方法や、模擬面接を実施し、就労前に向けた準備を支援します。
ステップ5
就労前実習
求職活動中に訓練生が希望する企業が見つかったら、面接や実習、トライアル雇用などの制度を利用し、就職を目指します。
ステップ6
就職
我々はここからがスタートだと考えており、最終目的である「働き続ける」を意識して、専任のジョブコーチが中心となり、引き続き支援を行います。
必要に応じて、SPISでの支援も行います。
SPISの説明のページ