JSN金塚統括所長のわくわくワーク JSN金塚統括所長のわくわくワーク
2012年4月14日

土曜日はいつも雨???

 ここ2か月ほど毎週土曜日は天気が良くない気がする。
本日も朝から雨。。。昼から回復してくるらしいが・・・
 昼から天気が良くなるのであればお花見にでも行きたいのであるが、午後からは全国就業支援ネットワークとJSNの理事会があるため、お花見は来週から始まる造幣局の通り抜けに行ければと思うが。夜は野球チームのお疲れ様会。
 今週はあいさつ回り、会議、法律変更に伴う確認等々で終わった1週間。
明日は休養で、来週の予定・目標を立てながら、阪神の試合を開始から終了まで楽しみたい!

 今年度に入り3名の就職者が出た!!
順調な滑り出しである。
 各事業所の新しい体制と新人スタッフも落ち着きつつある。昨日は門真事業所の新人スタッフ・異動者の歓迎会。私は生憎、他の予定が入っていたため申し訳なかったが不参加になった。先週は新大阪事業所の異動者歓迎会があり、本日は茨木事業所と新大阪事業所合同でのお花見会を開催予定だが、この天気である・・・・総勢50名の人たちが集まるようなので是非、良い天気の中で楽しんでもらいたい!!

2012年4月13日

 この時期になると毎年思うが、桜の木が至る所にあるという事。
まさに今、満開の花を咲かせ日本人の目を楽しませている。
 今は日本人だけではないですね。多くの外国の人たちが桜を鑑賞するために日本を訪れると聞く。
 しかしながら花を咲かせていない時は、ほとんど存在感を示さない桜だが・・・1年に1回、多くの人の心を魅了する。
 
 桜吹雪 夜桜 葉桜 雪見桜 桜影 桜陰 桜狩 桜人 桜雨 桜流れ・・・
桜のつく言葉。いろいろあるもんです。

2012年4月7日

チームの中の個

 今週末から来週の中ごろが桜の見ごろであるとの事。
しかし、今日は寒い。。。でもこの寒さが桜の花を長持ちさせてくれる事だろう。明日は春日和のようなので、空いた時間で久しぶりに大阪城公園までウォーキングにでも行ってみよう!!
 先日、あるスタッフから手紙をもらった。
そこには「アシスト王を目指すんだ!」と書いてあった。
むっちゃうれしかった!!
組織にはトップでマネジメントをする人、補佐をする人、現場でやりがいを感じる人、それぞれである。。。
 スタッフは自分の立ち位置の面白さを感じ、そのポジションに責任を持ち、組織全体ではアシストであるが、そのポジションでトップを目指すと手紙の中で宣言してくれていた。
ほんとにうれしかった!!是非、頑張ってもらいたい。そしてポジションチェンジした時には必ずや今の経験が生きてくるはずであるから。。。。
 個の力を磨いてマイベストの力を発揮し、その上で他人のできないことを補い合って初めてチームとなる。
これこそがプロのチームである。
 今年入ったスタッフから6年目を迎えるスタッフまで経験値はいろいろである。新人は先輩に相談し、先輩は同僚や後輩の補佐をしながら、石垣のような強固なチームを作らなければならない。

2012年4月3日

上映会&トークセッション

 発達障害啓発週間2012 JDDネット大阪企画
大阪府人権啓発ドラマ 上映会「アイアム ヒア 僕はここにいる」

トークセッション「発達障害のある人の就労を考える」
上記が今週末の7日にドーンセンターにて開催されます。
この上映のモデルは私が以前に係っていた人。
今も働き続けていると聞くがどうしているのかな~懐かしいな。
上映会の詳細は下記のアドレスへ
http://www.otahuku.net/event/index.html
 

2012年4月1日

24年度 スタート

  門真事業所19名 茨木事業所16名 新大阪事業所1名
23年度のJSNからの就職者数です。
利用者の頑張りと地域関係機関の協力、スタッフの日々の努力により上記の数字である。
 JSNが誇れる事としては就職者の数字ではなくて、就職継続率が80%以上であること。
もちろん、私たちは数字だけを追っているわけではなく、利用者が望む生活を目指し支援している。
 今年度は第2次3か年計画の3年目である。運営・経営とも概ね目標通りに推移しており、今年は仕上げに入る年であると共に第3次3か年計画を立てなければならない。
 新人スタッフ2名を迎え、今年から副所長の下に主任のポストを設け、より組織力(チーム力)を強化して、各事業所、各部門、各個人が立てた目標に向けて日々の仕事を進めて行く。
 今日、4月1日は日曜日。新しい年度に向けてゆっくり休養しながら、おもしろい嘘でも考えましょう!!

2012年4月1日

報告集2冊

 「障害者の働きたいに応える」~就労準備講座を学ぶ~
昨年から今年にかけて札幌、東京、大分で実施した出前講座の報告集が出来たのでアップします。
 また、先日、報告しましたが「語り部の会」~講演集Ⅰ~も出来ております。
読みやすくて、支援の参考になると好評をいただいてます!!
 希望される方は下記のアドレスへ連絡下さい。
jsn-kanatuka@grace.ocn.ne.jp

2012年3月23日

4月は新しいスタートですが・・・

  三寒四温 まさに寒い日、暖かい日を交互に迎えながら春を待つこの頃ですが。
 この時期、花粉症の人にとってはたまらなくしんどい毎日ですね。
上の息子も目を赤くして鼻ばっかりかんでます。
 仕事に関して言えばこの時期は人事異動の内示があります。
JSNの内示は1月の頭の全体会議で発表します。
しっかりと時間をかけて引き継ぎを行ってもらいたいので、少々早めですが1月に行っています。
 しかし、世間一般はまさにこの3月ですよね。
ハローワークをはじめ関係機関の方々から「異動になります」「退職します」など連絡をいただきます。
せっかく仲良くなれたのに、また、一から関係を作るのは大変ですが仕方がないです。
 関係機関の異動もさることながら、JSNの就職者が働いている企業のキーパーソンの異動内示はJCにとって4月からの仕事内容に大きく影響を与えます。
茨木事業所のJCはこの春は大忙しの予感。5~6企業でキーパーソンの異動予定。
 退職の理由としてはいろいろありますが、この人事異動も原因の1つになります。
しかしながら、必ずしもピンチばかりではなく、視点を変えればチャンスにもなります。
 ピンチはチャンス!!と捉えてしっかりと支援をしなければなりません。

2012年3月19日

緊張と緩和

 17日の土曜日 エルおおさかにて大阪障害者雇用支援ネットワーク・大阪精神科診療所協会主催で「当事者の体験発表から学ぶ」と題して、JSNでトレーニングをして就職した3名に登壇いただき、金塚のコーデイネイトで約2時間3名に語っていただいた。
 登壇のお一人は語り部の中心メンバー、お一人は語りが2回目、お一人は今回が初めてという3人のお話は、それぞれのキャラが特徴的で緊張感の中にも笑いがあり、アッという間に2時間が過ぎた。
 事務局長曰く 「落語を聞いているようやった。緊張と緩和。楽しかったし、とてもよかった」と表現。
 登壇していたお二人の主治医もフロアーで話を聞かれており、お二人の診察場面では見れない一面を垣間見てさぞびっくりされた事ではないだろうか。
 17日に参加した人には配布させて頂いたのだが、「語り部の会 講演集Ⅰ」が出来上がったので、希望される方はJSNまで連絡下さい。部数が少ないので先着順です。

2012年3月15日

人生は玉ねぎ

 先日、JSNのOBと話していた時の事。
「僕は小学生の頃から 人生とは?と考え続けていた。中学、高校、大学と考えて続けていた」と彼
 

 それで人生とはなんやったん?と私
彼は「人生とは玉ねぎやと思います。皮を剥いても剥いても・・・」との事。
まさにと思いました!!

 人生とは一瞬、一瞬。毎日、毎日の積み重ね。
特別な何かが人生ではなく、淡々とした毎日。悲しこと、嬉しいこと、つらいこと、笑えること、悩むこと・・・・その一瞬をどのように考え、行動するかが人生なんだと。

常に前向きとは言わないまでも、何事も楽しめる自分でありたいと思う、彼との話であった。
 
 
 

2012年3月3日

試行錯誤

 ~当事者の体験談から学ぶ~ 
   発達障害者の就労支援
 茨木事業所より就労したAさんとスタッフが本日、弁天町市民学習センターにて発表を行う。
 今年の1月で就職者が100名を超え、語り部での内容を多くの方に知っていただこうと、語り部「講演録Ⅰ」を作成中である。この講演録Ⅰは下記のセミナーで配布する予定である。
3月17日(土) 2時~4時 「当事者の体験から学ぶ」 
共催:大阪障害者雇用支援ネットワークと大阪精神科診療所協会
エルおおさか南館102
JSNの就職者が3人登壇し、就職するまで。就職してからについて話をされます。
 先日、医療機関で初めて語っていただいた男性の話の中に、「試行錯誤」と言う言葉が何度となく出てきた。
 
 ある精神科の先生が書かれた文章に中に以下のようなものがあった。
 「まだ、病気が治っていないけども、できる範囲でトライアルしてみることが、病気があっても元気で生きる第1歩になる。自分ではできる範囲だと思ってトライアルしてみたけれど、やはり失敗してしまった。実はそれで良いのです。、まずはトライアルしてみた、ということが重要であり、頑張った自分をほめてあげる事が大切だと。
 出来る範囲というものは、誰にも初めから確実にはわからないということです。ですから確実にわかってからやってみますという人は、一生やってみることはできないことになります。結局はある時点で目標を決めてトライアルしてみるしかないのです。
 トライ&エラーは日本語で試行錯誤と訳します。試行錯誤の意味は、新しい物事をする際、試みと失敗を繰り返しながら次第に見通しを立ててゆく事。この試みと失敗を繰り返しながらというところが非常に大切だと言うこと。
 試行錯誤するための、一歩踏み出す勇気がとても大事。今日発表するAさんも一歩踏み出した人である!!